ドラマ

六本木クラスの挿入歌を歌っているのは誰?日本語カバー曲が良すぎると絶賛!

スポンサー
  • 六本木クラスの挿入歌を歌っているのは誰?
  • 日本語カバー曲が良すぎると絶賛!

 

スポンサー

六本木クラスの挿入歌を歌っているのは誰?

2022年の7月7日からスタートのドラマ「六本木クラス」。

世界的に大ヒットした韓国の「梨泰院クラス」が原作で、日本版としてリメイクされており挿入歌やストーリーも同じと話題になっています。

本家の梨泰院クラスを観たことがある方は、

  • 韓国バージョンと一緒!!
  • 日本語バージョンを歌っているのだ誰だ?

という意見が殺到。

 

実際歌っているのは誰なのでしょうか?

  • 挿入歌「Start Over」を歌っているのはTHE BEAT GARDEN
  • 挿入歌 「ゆけ。」を歌っているのは松室政哉

 

「Start Over」を歌っているTHE BEAT GARDEN(ビートガーデン)とは?

THE BEAT GARDENは、2016年にシングルCD「Never End」という曲でメジャーデビューをした男性3人組のアーティストです。

  • 2020年にはCOUNTDOWN TV 年越しプレミアムライブに出演
  • LINE MUSICではリアルタイムランキング1位を獲得

など知る人ぞ知る人気バンドです。

今回挿入歌ドラマを担当するのは初めてとの事で、良い曲も多いので活躍が楽しみですね!

スポンサー

ゆけ。を歌っているのは松室政哉さんとは?

ゆけ。を歌っているのは松室政哉さんはシンガーソングライターで、メジャーシングルは2018年に海月をリリース。

BENIさんや福耳さんにも楽曲提供やプロデュースするなど、多岐に渡って活動されています。

1990年生まれでこれから更に注目度が上がってきているシンガーソングライターの1人ですね。

ちなみにAmazonでダウンロードをすることができます!

ゆけ。はこちらから

ちなみにドラマ当日に発表されたので、色々な方が予想されていました。

挿入歌を歌っているのは竹内涼真?

竹内涼真さんは歌が上手いとも有名で、もしかすると自身が歌っているのかもしれないという意見もありましたが、違う方でした。

挿入歌を歌っているのは三代目の今市隆二?

日本語カバーで挿入歌を歌っているアーティストは今市隆二さんという声もありましたが違うアーティストでした。

確かに声が似ていてテイストも一緒ですよね。

 

日本語カバー曲が良すぎると絶賛!

梨泰院クラスっぽくて良いという意見も多くあり、ドラマのイメージ通り雰囲気が出てて良いですね。

原曲「Start Over」はGaho

 

 

スポンサー

六本木クラスの挿入歌・主題歌を歌っているのは誰?日本語カバー曲が良すぎると絶賛!まとめ

  1. 挿入歌「Start Over」を歌っているのはTHE BEAT GARDENと
  2. 挿入歌 「ゆけ。」を歌っているのは松室政哉
  3. Gahoさんの「Start Over」の日本語カバーが良すぎると絶賛!
  4. 挿入歌を歌っていたのは竹内涼真さんでも三代目の今市さんでもなかった

という事がわかりました!

 

スポンサー