生活役立ち

ヨガマットの厚さは何ミリが良い?マンションでもジャンプできる防音マットは?

ヨガマットを購入しようと選んでいると

「色んな厚さがあるけどどれがいいんだろ?」

もしくは「マンションでジャンプをしても大丈夫な防音マットってあるのかな?」

と思う方も多いのではないでしょうか?

 

私自身の失敗談として、初めて購入したヨガマットは値段はお手頃でしたが薄いのでストレッチをする分には問題なかったのですがエクササイズやトレーニングをすると考えると微妙でした。

と言って、厚めのマットは防音効果に関しては間違いないのですが、厚い分かさばってしまったり扱いにくいというデメリットもあったりします。

という事で今回は

  • ヨガマットの厚さは何ミリがよい?
  • マンションでジャンプやエクササイズができる防音マットは?
  • マンションでジャンプやエクササイズをする時の注意点は?

などをご紹介します!

ヨガマットの厚さは何ミリがよい?

ヨガマットの厚さは用途によってオススメが変わってきてミリ数も違ってきます。

一般的に

  • 薄め→1~2ミリ
  • 標準→3~5ミリ
  • 厚め→6~12ミリ

と言われています。

 

例えば、あまり動かないストレッチやヨガメインの場合でも、1~2ミリの薄めだと膝を立てる姿勢はやはり床の感じが伝わり痛く感じてしまいますね。

特にヨガのポージングで

  • ウサギのポーズ
  • 猫のポーズ
  • 板のポーズ

などは結構膝が痛くなるので、弾力性も考えると6ミリ以上ある厚めのマットがオススメです。

そもそも、1~2ミリの薄めのヨガマットは折り畳んで持ち運びをしたい方や、旅行先や出張・ジムなどでマットの上に更に敷きたい時などにオススメできる厚さです。

ですので、薄めの厚さはメインとしてはあまりオススメできないというのが正直な意見です。

 

性能・厚さ・価格などのバランス重視の方には3~5ミリの厚さのヨガマットがオススメです。

一番出回っているヨガマットもこの厚さでお値段もお手頃なのが嬉しいですね。

また持ち運びやすさを求めている方にも問題ない感じです。

ただ、自宅で激しくジャンプをするなどエクササイズにはあまり向いていません。最近でいうと、ゲームのswitchで発売された「リングフィットアドベンチャー」で利用すると足の裏が痛くなってしまったりします。

私自身もそれが嫌で、厚めのヨガマットに買い換えました。

 

6ミリ以上ある厚めのヨガマットは、クッション性に優れているので激しくエクササイズをしても問題ありません。

デメリットとしては価格が高いのと持ち運びに適していないということころです。

ですので、自宅用に使いたい人にオススメです。

 

まとめると

  • 薄めの1~2ミリ→出張や持ち運びなど、サブヨガマットとしてオススメ
  • 標準の3~5ミリ→持ち運びや自宅など無難に使いたい方にオススメ。価格も安いヨガマット
  • 厚めの6~12ミリ→使い心地抜群!持ち運びには向いていないので自宅用として使う方にオススメ

です。

ただ、厚めでもマンションで使うとなると話は変わってきますのでご紹介しますね。

マンションでジャンプやエクササイズができる防音マットは?

残念ながら、12ミリあるヨガマットでも、マンションでジャンプするのであればやはり下に住んでいる階の方に迷惑がかかってしまうくらい物音はしてしまいます。

建物の構造も影響しますが、鉄筋なら大丈夫かもしれませんが木造の場合は確実にアウトです。

ですので、ヨガマットと合わせて防音マットを組み合わせて使う事をオススメします。

防音マットは、ピンキリで薄いものだと0.4ミリなどもありますが、薄いものはトレーニングマシンや鉄アレイを置く時に音が響かないように作られているので、ジャンプをするという用途には向いていません。

ですので、ジャンプをしたいのであれば3センチ以上は最低でも必要ですね。

ちなみにKaRaDaStyle ヨガ トレーニング プレイマット スポーツマット」は厚さが5センチもあり、クッション性に優れていて折り畳みもしやすく収納もコンパクトなのでオススメですよ。

よく、子供部屋などで足音が響かないように利用する方が多いので、ドンドンという音を防音できるような設計になっているので信用できますね。

ちなみに私の家は木造ですが、プレイマットの上にヨガマットを敷いてエクササイズをしてもそこまで響かず安心して利用できています。

 

マンションでジャンプやエクササイズをする時の注意点は?

いくら防音対策をしたとしても、物静かな時間帯は迷惑になってしまいますので控えた方が良いです。

ですので迷惑にならない時間帯でエクササイズをすることが最低のマナーですね。

下の階に住んでいる方にもよりますが、一般的には22時~7時の間は控えた方が良いでしょう。

 

ヨガマットの厚さは何ミリがよいのまとめ

ヨガマットを選ぶときは、用途に合わせて購入するのが重要ですね。

私自身、薄めのものを購入して、次に通常の厚さのものを購入して、結局最後に厚めのものを購入したという失敗からしっかり選べばよかったとつくづく思いました。

ですので自宅で使用するのがメインの場合は、6ミリ以上あるヨガマットがオススメです。

持ち運びは3~5ミリが良いでしょう。

1~2ミリのものは、正直あまり使っていません。

また、マンションなどでエクササイズやジャンプをしたい方は、3~5センチの厚みがある「防音マット」がオススメですよ!

ヨガマットや防音マットを購入しようか迷っているあなたに、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです!